統計学が最強の学問である  西内 啓

プロレスの煽り文句と見紛うようなタイトルに、僕の厨二心がくすぐられたので読んでみました。

これを読むと、統計学は最強だなと思いますね。何と戦って最強なのかは分かりませんが(笑)。

なんていう冗談はさておき、統計学が有用な学問であることが分かりやすく書かれていて面白かったです。医療、教育、ビジネスなど様々なシチュエーションで統計学が使われていることや、統計学で登場するいろんな考えかたを分かりやすく説明してくれてるので、入門書としてもよさそうだなと思いました。

ITと出会ったことで統計学が一気にメインストリームになだれ込んできたこと、コレラの大流行を統計学の力で抑えた話、統計学を使ってダイレクトメールを効果的に送って売上を飛躍的に伸ばした話など、具体的な話が各所に出てくるので読んでいて飽きない感じ。

ビッグデータが流行ってるけど、サンプリングを適切を行えばビッグデータなんて必要ないシチュエーションも多いんじゃないの?なんていう問題提起もあったり。それを裏付ける考え方がきっちりと書かれている点もよかったです。バズワードで売りたいSIerさん泣かせだなと思いました(笑)。

 

個人的にはコレラの話が本当に印象的で、根本的な原因が突き止められなくとも統計的に答えが出せて欲しい結果に近づけることが出来るというのは衝撃的でした。欲しい結果さえ明確に描けていれば、統計学は強烈なパワーを持ったツールになりうるんだと思えたし、統計学をちゃんと勉強したいなと思いました。

読み終わってみて統計学が分かるようになったかというと、全く分かっていません。統計学が持ってるストーリを知ったというくらいの理解度です。それでも統計学の持つ可能性は感じられたし、ワクワクしながら読み進めることができました。全く何やってるのか分からないのに面白いとか、ヒカルの碁を読んた時以来かも(笑)。読み物としても楽しめるのではないかなと思います。

この本は統計学を大枠で体系化してくれているので、これをガイドマップにしながら統計学を学んでみると少しは身につくのかななんて思いました。

カテゴリー: 書評 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です