Wimaxを導入してみた

会社の人が使ってたので電波を借りて使わせてもらったら

想像以上に快適だったので自分でもWimaxを導入してみた。

 

購入したのはNECアクセステクニカのAterm WM3500R

決めては公称で8時間という長時間のバッテリー容量。

モバイルブースターでの充電も可能なので

持ち歩きにぴったりだと思って購入。

届いてみて驚いたのは小ささと軽さ。

想像以上に小さくて軽い。

約120gなのでカバンに入れて持ち歩いても

全く負担にならなくていい!

iPhone4と比べてみるとこんな感じ。

f:id:redwell_noise:20110414214244j:image

1週間ほど持ち歩いてiPhone4の通信回線として使ってみた。

僕が感じたメリット・デメリットは以下。

 

【メリット】

・思ってたよりもかなり速い。

Softbankのダメダメ3G回線でストレス溜まりまくりだったので

Wimaxの速さは驚異的に感じた。

テキストメインのサイトでもレスポンスの違いを感じるレベル。

画像が多めのサイトや動画サイトは3Gだと見れないに等しかったけど

Wimax回線ならサクサクと閲覧できて感動すら覚えた。

・思ってたより安い。

1年契約のUQフラット年間パスポートってのを申し込んだので

3,880円/月で使い放題になってる。

・思ってたより接続性がいい。

そこら中で結構繋がる。

改善されたとは聞いてたけど想像以上だった。

・「家の無線ルータが不安定+ルータとPCが遠い」で困ってたけど

ADSL回線の代わりにWimaxを使うことでLANケーブルを引かずに済んでる。

 

【デメリット】

・基地局))))Wimax))))モバイルルータ))))Wi-Fi))))iPhone

の順番で繋がってるんだけど

Wimax側の電波が切れた場合でも

モバイルルータとiPhoneはWi-Fiで繋がり続けてるので

3Gが繋がってるエリアでも閲覧不可状態になる。

モバイルルータのWAN側ダウンを検知してLAN側もダウンしてくれれば

3Gに迂回して接続性がキープされていいのになぁと思った。

まぁiPhone+Wimaxならではの要望なので

Wimax+PCなら必要のない機能ではああるんだけどね。

・使おうと思った時にカバンから出してってなるので

電源を入れるのがちょっとめんどくさい。

・建物の中に入るとやっぱり電波が悪い。

エリアの拡大はホントにがんばってるなと感じるけど

使ってる周波数の特性なのか屋内まで電波が届かないので

屋内で使う場合は窓際にモバイルルータを置いとくなどの工夫が必要。

モバイルルータから端末までは無線なので

Wimaxの電波さえ拾えればどうにでもなるんだけどね。

通常利用なら意外と問題ない。

 

ってな感じです。

あとは使っていく中で強く感じたことは

iPhoneならもうちょっとマシにさえなってくれれば

3G回線でいいかもってこと。

画面が小さいのでリッチなコンテンツを見るには向いてないなと。

その代わりにタブレットが欲しくなる。

Wimaxの速度なら大きめの画面でリッチなコンテンツを楽しめると思うので

iPad2かAndroidタブレットは買いたいなぁと

新たな物欲を掻き立てられたのでした。

カテゴリー: ネットワーク・サーバ・PC タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です