【一人勉強会】【Ruby on Rails】【第二回】部分テンプレートの基本

LINEで送る
Pocket

今日は部分テンプレートについてを学習。

  • 部分テンプレートのファイル名は「_」から始めなければならない。
    ヘッダーやフッターのようにアプリケーション全体で使うものは、app/views/sharedに入れるのがおすすめ。
  • 保存先はapp/views配下のサブフォルダであればOK。
  • 作成した部分テンプレートは、呼び出し元ファイルからrenderで呼び出す。
    app/views/shared/_header.html.erbを呼び出す場合であれば、
    呼び出し元ファイルに<%= render ‘shared/header’ %>と記述する。

headerやfooterを作成しておいてapp/views/layouts/application.html.erbに埋め込めば、統一感のあるビューが楽に作れそう。

カテゴリー: プログラミング タグ: パーマリンク

【一人勉強会】【Ruby on Rails】【第二回】部分テンプレートの基本 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【一人勉強会】【Ruby on Rails】【第三回】部分テンプレートを使ってヘッダーとフッターを埋め込む | 廃人日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。