【一人勉強会】【Ruby on Rails】【第一回】scaffoldingでRailsアプリの基本機能を実装

LINEで送る
Pocket

Ruby on Railsを少しずつ勉強してるけど、本を読みながら入力してるだけだとなかなか身に付かないので、アウトプットとしてブログに履歴を残しながら勉強することにする。

環境はVirtualBox上にインストールしたScientific Linux 6.3。ruby1.9.3p362、Rails3.2.11、sqlite3.6.20をインストール済み。その他、必要そうなものはインストール済。

今日は新しくRailsアプリを作ってscaffolding機能を使って基本機能を実装するところまでを何度もやって手に馴染ませる。

一人勉強会なのでテキストエディタがviの前提で書いていく。自分が使ってるテキストエディタがviなので。

アプリ名:lesson
モデル名:book

では以下に手順。

1.Railsアプリを作成する

rails new lesson

2.lessonアプリのディレクトリに移動する

cd lesson

3.Gemfileを編集して必要なものを追加する。
一応Herokuにアップすることを想定してgroupも設定する。
(※therubyracerは環境によっては不要かも)

vi Gemfile

source ‘https://rubygems.org’

gem ‘rails’, ‘3.2.11’

group :production do
gem ‘pg’
gem ‘thin’
end

group :development, :test do
gem ‘sqlite3’
gem ‘therubyracer’
end

group :assets do
gem ‘sass-rails’,   ‘~> 3.2.3’
gem ‘coffee-rails’, ‘~> 3.2.1’
gem ‘uglifier’, ‘>= 1.0.3’
end

gem ‘jquery-rails’

4.本番環境の設定を除いてgemをインストール

bundle install –without production

5.scaffolding機能を使ってbookモデルでアプリの骨格を作成。

rails generate scaffold book title:string author:string body:text comment:text

6.データベースにテーブルを作成

rake db:migrate

7.静的ファイルのindex.htmlを削除

rm publi/index.html

8.WEBrick(Webサーバ機能)を機動して、動作を確認

rails server

ブラウザを起動し、http://localhost:3000/books/にアクセス

9.実際にデータ登録してみて動作しているか確認する

 

以上。

これを淀みなく行えるようになるまで、まずは反復しまくる。

 

(※2013年1月27日にruby,rails,sqlite3のバージョンを追記。)

 

 

カテゴリー: プログラミング タグ: パーマリンク

【一人勉強会】【Ruby on Rails】【第一回】scaffoldingでRailsアプリの基本機能を実装 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【一人勉強会】【Ruby on Rails】【第三回】部分テンプレートを使ってヘッダーとフッターを埋め込む | 廃人日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください