劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影

LINEで送る
Pocket

先着100万名にHUNTERXHUNTER0巻が貰えるというので、冨樫信者として見に行ってきた。

映画はクラピカと旅団の因縁を描く内容で、冨樫先生の作品らしく勧善懲悪にはなっていなかったのでその点はよかった。どうせダメ映画なんだろうなと期待してなかったけど、思ったより悪くなかったかなという印象。

ただアニメ映画なので時間が短めで急展開すぎるところもあったかな。明らかにアンハッピーエンドなのを友情押しで無理やり少年漫画に見せかけようとしてる感じも苦しかった。

芸能人が声あてしてるのはどうなのかと思ってたけど、藤木直人は思ったよりよかった。ただ川島海荷の声が表現力がなさすぎて、なんか微妙だなと感じた。

目的だった0巻の内容は2013年頭の週刊少年ジャンプ本誌に掲載された2話の読み切りがメインで、巻末に冨樫義博一問一答とキャラクター設定画集が付いていた。読み切りが通常のコミックスに収録されないのだとすれば、これをゲットできただけでも映画代を払った甲斐があるなと思った。

アニメを映画館で見たのは久しぶりな気がするけど、大画面で見るアニメもよいですね。

20130113_225248_0

カテゴリー: 映画, 漫画・アニメ タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。