WinSCPの鍵認証ではまった話

LINEで送る
Pocket

普段はTeratermを使ってるのでppk形式の鍵は使わないんだけど、久しぶりにWinSCPを使おうと思ってPuTTYgenでppk形式の鍵を生成して接続を試したら、 「サーバーが鍵を拒否しました。」のエラーが出続けてはまった。

普通に鍵を生成して公開鍵を.ssh/authorized_keysに保存してるだけなのに、なんでこんなにはまるのかなぁと思ってたら次の通りでした。

間違い

最初は下の画像の赤マルの「Save public key」ボタンを押して公開鍵を保存してました。

このボタンで公開鍵を保存すると間違い

このボタンで公開鍵を保存すると間違い

 

正解

よくよく読んで見ると下の図の赤マルのところに「Public key for pasting into OpenSSH authorized_keys file」の記述が・・・

この中身を.ssh/authorized_keysにコピペするとうまくいった

この中身を.ssh/authorized_keysにコピペするとうまくいった

こっちをコピペしてみたら、一発でうまくいきました。

ググってみてもディレクトリのパーミッションが間違ってるとか見当違いっぽい記事がヒットしまくって苦労した。

カテゴリー: ネットワーク・サーバ・PC タグ: , , パーマリンク

WinSCPの鍵認証ではまった話 への2件のフィードバック

  1. grenouille のコメント:

    ありがとうございます!
    私も同じところではまってました!
    無事に解決しました!!!

  2. redwell のコメント:

    grenouilleさん
    お役に立てたみたいで何よりです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。